スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読・・漫画

最近はとんと頭の働きが悪い、というか真面目な本が読めなくなった。

もともと漫画は大好き。
但し小さな頃の(いやずっと)我が家はあまり裕福な家庭では無かった。
それと両親ともに結構スパルタ教育な親だった関係で漫画本は全く買って貰えない。
ま、あまり裕福ではない、というのも一つの理由ではあっただろうが。

でも小学校の頃は漫画は読みたいものですよね。
当時はまだ貸本屋さんと言うのが有った。
店で読むことも借りて読むことも出来た。

確か店で読む場合は一番安いのは一冊5円位じゃ無かったかな・・・・
悪い事に学校からの帰宅路にその店は存在していたのでお小遣いを貰った時はよく寄った記憶が有る。
読み耽って暗くなったのに気づかず心配した家族に怒られた。

今でもビックコミックオリジナルだけは愛読書? 。
ビックコミックは他の雑誌と違い暴力物が無いのが救い。
今の漫画はあまりに暴力が多すぎる。
イジメとか問題になっているが漫画の影響が大きいのでは? と思っている。

最近読んだ{赤灯えれじい」 が何となく気に入った。
若い学歴も無い二人が何となく一緒になり、離れたりしながら結婚するまでの時間を描いている。
絵も稚拙といっていいくらいの漫画ではあるが、不器用な二人が一生懸命生活している有様が上手くえがかれている。

亡くなった淀川長治さんが映画っていいですねぇ・・・ と言われたが漫画っていいですねぇ。

スポンサーサイト

死海のほとり

CIMG1601.jpg

先日の居間のリフォームの時に本棚を移動するために1度空にした。
棚の奥に遠藤周作氏の本が埋もれていた。
何と昭和48年発行。学生時代に購入したらしい。
かなりの貧乏学生だった筈なのに・・・・ 

沈黙はかなり強烈だったので記憶が有るがこの本は殆ど記憶が無い。

若い時と、この年齢になった今と多分捉え方が違うと思うがもう読んでみたい。

ただ、最後まで読む意欲と根気が続くか心配だが。
プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
定年で暇になり、何かすることは無いかとブログ始めました。
日記をつける習慣が無かったのでブログで何か残したくなりました。
会社人間だった人間が会社から離れると・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。