スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身辺整理?

定年過ぎて日が暮れて なんちゃって。

人間いつ死ぬか判らないけど、少なくとも平均年齢の残りは少なくなってきたことだけは確か。

母が亡くなった時に兄貴夫婦が遺品の整理が大変だったのを思い出した。

それとテレビの鑑定団でよく変わったコレクションの収集家が家人から不用品扱いされているのを

思い出したが、自分にとっては大事な物も、他人にゃゴミにしか見えない、というのが本当だろうね。

母の時代は物が無い時代で何でも取っておくのが普通だったと思うけど、やっぱり自分の年代も似てる。

特にかみさんはまぁ、こんなものを、というのをしまってある。

で、昨日は子供が使っていた電子ピアノを整理した。

長年どうするか悩んでたが、大きいし重いし乗用車には入らないので市のゴミ処理場にも
持っていけない。

最近流行のリサイクル業者に依頼したら見に来てくれて、詳細に点検して、無料なら引きとります、との事。購入時はローンで買った位なのに、月日が経つと価値ゼロ!!

廃棄を考えれば無料でもいいのでよろしくという事で引き取って貰った。

もしかしたら2,3日後には何万円かで店に並んでるかも?

ま、粗大ゴミになるよりは誰か使ってくれる人がいればいいか。

さて、昨日同じく読まなくなった本をリサイクルショップに持ち込んだ。

約10冊の文庫本。

で、200円だそうな。中には買ったばかりの2冊は合計千円以上してたのに・・・

何か解せない気がするが置いといても読まなければゴミなんで仕方ない。


図書館も調べたら数年以内の発行で綺麗なものしか取らないと書いてあった。

ま、リサイクルショップで誰か読んでくれればいいかな?

結局変色した本は廃棄しか無いという事で。

次は衣服を整理しようっと。

サラリーマン時代のスーツなんて仕事やってなけりゃまず着ることが無いもんね。

あ、腹が出て着れないスーツも多々有ります(笑)


皆さん不用品の整理はどうやってんでしょうか?

スポンサーサイト

定年親父のコンピューター備忘録(3) オフコン導入

さて、会社ではオフコンの導入検討開始。

パソコンからオフコン…当初はチンプンカンプン。

結局各メーカーの営業の言葉と実際のシステムを見て判断するしか無かった。
最終的にはIBMのシステムに決定。

その当時はIBMの鼻息は凄かったなぁ!
値引き要求するなら売りません、位の雰囲気だった。

価格は別として最終的に決めた判断は、将来このシステムが容量不足になって上級機種にした場合の問題だった。
IBMはプログラムもデータも全て上級機種で使うことが出来ます、との回答。
他社の場合はシステムが変わったりコンバートが必要になる場合が有るとの回答。
購入予定の機種は最下位クラスだったのは明白なので将来拡張しても変更が不要、という言葉に飛びついた。
その後AS/400、 iSeriesと変化していったが当時の選択は間違っていなかったと自信を持って言い切れる。

で、購入したのはS36SXという機種。
これがオフコン?という位可愛いサイズだった。
何と机の横にチョコンと置いていたんだから・・・・・


そしてその端末としてマルチステーション5550というパソコンも数台同時購入。
FDが3つも付いている、と感動したことを記憶している。

5550-2.jpg

FDが記憶媒体なんて今考えると想像つかないだろうね。
その後HDDが発売されたが最初はFDから起動したんだから起動時間は一体どの位かかってたんだろう?


さて当時はオフコンの端末として使う場合はオフコンとの接続はSNA接続と言って専用のツインナックスケーブルでの接続方法だった。勿論LANなんてものは存在してませんでした。

オフコンの言語はRPGⅡというIBM独特の言語。
ロールプレイングゲームじゃ無いですよ(笑)
COBOLとかの選択肢を選ばなかったのは多分IBM推奨、という事とこちらが他言語に対して無知だったせいでしょうね。でもIBMを使う限り正しい選択だったでしょう。


勿論当初は全く判らないので何日か講習を受講してお勉強。
楽しい日々でした。

しかしオフコンを導入してもシステムは無いので勿論最初のシステムは外注委託。
その後言語を覚えて段々と社内開発していった。
システムが増えるにつれて端末も増えていき、5550シリーズからPS55シリーズに受け継がれていく。
かなり記憶は失せてきたが下記のHPを見て本当にその頃が思い出されて懐かしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B35550#.E6.A6.82.E8.A6.81


またケーブル配線なども当初は専門業者に全て委託していたがパソコンへの接続などは自分でするようになり、
昔得意だったハンダ付が変な所で役立ったのを記憶している。

ちょっと脱線するが若かりし頃は自作ステレオに嵌った時期が有り、アンプとかスピーカーは全て自作していた。
当時のアンプは真空管であの光が本当に味が有った。

さて、パソコンに戻るが当時導入した5550が本格的なPC/ATマシンと思うが。

世の中はまだまだNECが席巻していたと思うけどIBMを導入した関係で結構早くPC/ATへの転換が
出来たような気がする。

さて、疲れたので一息・・・・

原発問題

昨今のニュースで原発事故調査委員会の事が報じられている。

昨日の菅前総理に対する質疑がされていたが、菅さんが入り過ぎたのでは、という事にかなり
時間を割いていたような気がする。
菅さんの言葉の中で印象に残ったのは「正確な情報が何処からも上がってこなかった」、という悲痛な言葉。

原発の安全神話に乗っかって、何もしてこなかった、また最悪の事態への対応を何もしてこなかった原子力行政の問題がこの一言に集約されている気がする。

今朝になれば東電の賞与計上のニュースが流れている。
破綻企業で賞与とはもう破廉恥としか言いようがない。
同じ今日パナソニックは本社社員を半減するというニュースが報じられていた。
これが危機に陥った企業の本来の姿である。
それに引き換え東電は潰されることはない、とのうのうしていることが明らかで腹が立つ。


中小・零細企業なら社長が借金を背負って破産、社員は給料も退職金も無く失業、というのが普通なのに
大企業なら公的資金を投入。何か日本は狂っている。

東電のHPを見ても自分たちは想定外の災害の被害者だという言い訳に終始し、またマスコミの批判への
反論ばかり。
全く本当の意味での反省が見られない。
でもHPもタダで出来る訳じゃない。

この言い訳、反論にかける労力を少しでも支援に使えばいいのに・・・・

暇になるとどうも怒りっぽくなりますね。

でもこれからの日本はどうなっていくのでしょうか?

定年まであくせく働いて、涙ばかりの退職金と、少ない年金でどうやって暮らしていこう、と考えている
年代には先が見えない。


定年親父のコンピューター備忘録(2) BASICとの出会い

さて、購入したPC8001はスペックは前回に書いたように信じられない位の低スペック。
でも当時は画期的だったんですよ。
ディスプレーは最初は確かテレビを接続したような? 違ったかな?
どちらにしても画面は80X24文字。勿論漢字は使えない。
全てカナか、ローマ字。
その影響で今でも当時にパソコンを習得した人は大体カナ入力を基本としてるんじゃないかな?

で、そんなパソコンで最初はマシン語(今は死語かしら)でゲームしてましたが、多分プログラムとは何かがおぼろげにでも理解するのに役立ったような・・・
アセンブラじゃとても業務ソフトは作れないのでかの有名なN88BASICのお勉強開始!

最初は集計プログラム、ま簡単に言うと縦横計算のソフトを作りました。
で、それを使って自分の業務の集計作業の効率化を図ったと思う。
今ならEXCELで数分で出来るような事をBASICで作るんだからまあ大変!!
出来たソフトは一応電卓叩くよりは早かったんじゃないかな?

そんな事をシコシコやっているうちに新機種のPC8801が発売された。
調べてみると1981年発売だそうな・・・・
その頃に会社の上司に相談して会社で初のパソコンを導入。
自宅では手が出なかったフロッピードライブも一緒に購入して貰った。
確か本体が10数万円なのに2ドライブのFDが確か定価で40万円前後だったと思う。
なんと当時は8インチですよ!
それでいて容量は720Kbじゃ無かったかな?
カセットテープでシコシコ録音、いや保存していたのと比較すると超高速だと喜んだのを記憶している。

これで次は何をしたかというと、何と生産管理システム(まがい?)の構築。
今考えると生産管理なんておこがましいが、ま、何処に、何が、何個有るのか、画面で確認出来るのは
素晴らしい事だと考えていたと思う。

当時苦労したのは今では勝手にシステムがやってくれるソートやら、検索まで自作する必要が有った事。
一生懸命本を読んで作ったものだ。
今では殆ど忘れたが確か二分木検索なんていう検索方法を使ったような??
漢字が使えるようになったのはこの機種からかな?

まあ、BASICで生産管理とは今考えればよくもまあ作ったものだ。
エディタも機能は最小限なのでデバックは印刷してやっていたような気がする。
確か広げたら部屋一杯になったのが記憶にある。
なんかこんな凄いの作ったぞ、てな自己満足だったかも(笑)

そうこうしているうちに、コンピューターは将来必要になりそうだ、という事でパソコンに詳しいから、
という理由でオフコンの購入の検討をする事になった。

次はオフコンとの苦闘?の日々・・・・かな?


定年親父のコンピューター備忘録(1) 全ての始まりはPC-8001

定年過ぎて暇になり、自分は何をしてきたのかちょっと残したくなった。
で、その悪戦苦闘の日々をちょっと書いてみたりして。

ま、自分の年代の人は多かれ少なかれ似たような日々を過ごして来たんでしょうね。
そんな日々を自分の備忘録として残そうと思います。


さて自分のサラリーマン人生は現場実習を最初に技術系、品質管理と色々やりました。
その後途中からコンピューターに関わりどっぷりとコンピューターにはまり込んだ人生。

最初に購入したパソコンはNECのPC8001。

もうPC8001何て知っている人はいないんだろうな。
PC8001.jpg

ネットで探したら写真が有った。
こんなんだっけ?(笑)
ROM24Kb、RAM16Kb なんとバイトですょ!!
定価は168、000円だったそうです。
写真などは下記を参考にさせて貰いました。
このサイトはすごいですね。当時の事が本当に細かく書かれてます。
http://www.itoi.jp/time41.html  

このサイトのMZ-80Cも懐かしい。
会社でNCのプログラミングは確かこれを使っていたような記憶が・・・
MZ80C.jpg

なんでパソコンに関わったかと言うと、当時の仕事は集計作業が大変な業務。
当時は集計は算盤が主流。残念ながら算盤はトウラマ。
小さい頃算盤塾に行かされたけど算盤2つでスケートやって怒られて・・・
算盤塾の先生から断られる始末。

仕方ないので手計算で集計するけど最後に縦横計算すると縦と横の合計が合わない。
理系なのに算数は不得意という悲しい男の悲哀を日々感じてました。

で、その頃パソコンを使うと何でも出来る、なんて記事に踊らされて集計も簡単に出来るのでは?
なんて事を考えたのが運のつき(始まり?)

パソコン雑誌を買いまくり、最初はマシン語(懐かしい)でゲーム打ち込んで結局ゲームしてたりして。

マシン語なんで入力ミスしていると暴走したりして(笑)
そんな事をしていても仕方ないのでN88BASICを覚えたのが最初。
ソフトは何とカセットテープに保存しました。
今考えると信じられない。
保存中の「ピーヒョロヒョロ」が懐かしい。
ま、自分の年代は皆一緒だったと思います・・・・

あ、それ以前にはワンボードマイコン(懐かしい)なんてのも有りましたがあれは経験有りません。

てな、自分の歴史を死ぬ前(笑)に残しておきたいと思います。

んー 単なる個人のノスタルジーですね。 ま、いいや。

初めてのブログ

2012年5月28日

初めてのブログ

定年過ぎて、日も暮れて、じゃなかった、仕事も無く日々何をしていいのか・・・

そんな親父の初めてのブログです。

さて何を書こうか

藤枝市ばらの丘公園

土曜日暇なんで・・・ なんて言うけどいつも暇。

天気がいいのでバラの丘公園までドライブしようと言うことになり出発。
新東名で、という事も考えたが経済を考えて一般道で。

土曜日なんで混んでいるかと思ったが掛川バイパスもそんなに混んでおらず
順調に走行。

バラの丘公園駐車場へはバイパスを降りてすぐに到着
公園の近くの駐車場は多分混んでいると予想して一番遠い駐車場に止める。
ま、遠いといっても歩いて数分程度だから大したことは無い。

バイパスでずっと前を走っていた車もなんの事は無い、目的地は同じ。
やっぱりほぼ似たような年代の夫婦だった。

入り口で入場料300円X2を支払いいざ入場

CIMG1477.jpg

中に入るとすばらしいばらの世界が広がる。

深紅のバラ、純白のバラ、赤と白のコントラストの綺麗なバラ。
またその名前が面白い。
映画俳優とか、昔の曲とか、まあどうやってつけたんだろうという名前から。


すべて見ていると何時間あっても足りそうにない。

CIMG1480.jpg  CIMG1481.jpg  CIMG1496.jpg

CIMG1492.jpg

こうやってブログにのせてみると、写真の取り方が下手なのが痛感した。

全景が無いとバラ園の素晴らしさが分からないね。
ま、これは http://baranookakouen.jp/ を参照ください。
そのうちにだんだん慣れてくるかと思います。


バラを満喫しながら途中で喉が乾いたので評判?のバラのソフトクリームを購入。
何人か並ぶほどに人気みたい。
やっぱりバラの丘だから(笑)

薄ピンク色のおいしそうなソフトクリーム。
さっそく食べてみると確かにおいしいけど、ちょっとバラの香りが強すぎる感じ。
以前ジャスミン茶を初めて飲んだ時に香水を飲んでいるような気がしたのと同じ。

ま、これは好みによるでしょうね。
でも美味しかったです。

帰るときになり、折角だからとバラの苗木を一本購入。
1150円也。
今年は花が終わったのでこれからつるが伸びて来年花を咲かせるそうで来年が楽しみ。

出てから向かいの「バラの館」で昼食。
ちょうど昼食時でちょっと待たされましたが、そばを食べてきました。

残念ながらそばは・・・ おいしい!と言うには(ごめんなさい)
やっぱりレストランでそばはミスマッチでしたね。


定年過ぎて暇を持て余しているおっさんの1日でした。
プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
定年で暇になり、何かすることは無いかとブログ始めました。
日記をつける習慣が無かったのでブログで何か残したくなりました。
会社人間だった人間が会社から離れると・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。