スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

もう今日は6月最終日。

リフォームの筋肉痛もだいぶ和らいできました。
でもまだ太腿が結構痛いんですけどね。

さて、居間のリフォームの際に書棚を移動する関係で中身を全部出しました。
まあ、出るわ出るわ・・・・
よくもこれだけ突っ込んで有った、という程の本の数々。

最近は懐の関係も有り殆ど文庫本しか買わないので文庫本が大半ですが。

そんな文庫本の後ろから出てきたのが学生時代に買った単行本の数々(というにはちょっと大げさ)

高橋和巳の全集が出てきました。
貧乏学生だったのによく買えたものだと思います。

「悲の器」 「わが心は石に非ず」 「日本の悪霊」 ・・・・

また柴田翔の 「されどわれらが日々」 「送る言葉」 ・・・

遠藤周作の「沈黙」「海と毒薬」・・・

AJクローニン 「城塞」 「天国の鍵」 

その他数々の本。

そんな本を見て学生時代をちょっと思い出しました。

当時は学生運動真っ只中の大学時代でした。
但し自分は俗に言うノンポリ学生の典型の生活。
4人集まれば雀荘通い。

そんな中でも時々は気が有った仲間と3畳一間の汚い下宿で青臭い意見を戦わせた事も。
それから何年経った事でしょうか。

高橋和巳の本はどうして嵌ったか全く記憶が有りませんし、内容も殆ど記憶が無い。
なんか見栄で買ったのかも?

柴田翔の「されどわれらが日々」は60年安保を題材にしていたのでそれがきっかけかも。

遠藤周作氏の本は「狐狸庵」先生をなどのユーモア小説から「沈黙」、「深い河」等の宗教を題材にした
小説までかなり読み漁りました。
友人が宗教系の大学に行った影響も有ったかも知れませんが。

この人の本はユーモア小説でも全てに宗教観、人間愛が籠っていたと感じていました。
特に「深い河」は最近もまた読み返しましたが何度読んでも考えさせられます。

リフォームを機会に埋もれていた本を見て記憶の片隅に追いやられていた時代をふと思い出しました。
今日も暑くなりそうな朝です。
スポンサーサイト

居間のリフォーム完成

1昨日から始めた居間の床の貼り直し、第二日目突入。

ここでちょっと道具を紹介。

CIMG1589.jpg    CIMG1588.jpg

  電動丸鋸と鉋       金槌、曲尺、フロアー釘、ポンチ、
                 写っている板はフロアー材を叩くときに傷をつけない為の板

    
今回購入したのは金尺と、フロアー釘、と写っていないけど接着剤。
電動丸鋸は何でも使えて便利です。
最低この位は必要でしょうね。
鉋はちょっと小さめですが充分でしょう。
但し暫く使ってなかったので刃が錆だらけ。
ですので今回は使う前に研ぎました。
鉋の刃は研いだことが有りませんでしたが、包丁より研ぎやすい気がします。
ついでに妻の包丁も研いでおきました。

あと、やはり工作台は本当なら欲しい所ですが適当なのを台にすれば何とかなります。
私は工具とか入れてあるプラスチックケースを台にして作業しました。
但し適当な台を使うと大失敗する可能性も?!
私は丸鋸で切断している時に音が変だな?と思ったらプラスチックケースを削ってました。(笑)


さて、3列目からは2列目と互い違いにして貼って行きます。

苦労するのがこんな場所

CIMG1587.jpg

床の形状に合わせて板を加工するわけですが、この場所で大失敗。
凸凹を勘違いして逆に切り欠いてしまい合わせてみてギョ! 
幸い板のサイズが余っているので間違った部分を追い込んで事無きを得ました。

ここで変に幸いしたのが我が家の建築規格。
畳サイズは普通間とか、京間とか団地サイズとか有りますよね。
1軒家なので普通間と思ったら我が家は団地サイズに近いサイズで出来ている模様。
普通間なら6畳なので1.8mX2枚欲しいのですが、残念ながらかなり余る羽目に・・・
そのお蔭?で失敗しても余裕が有りやり直しが出来ました。   何か悲しい発見・・・・

途中昼食を取って一服でゴロ寝したら熟睡してふと起きると午後も1時半。
こりゃ終わらんぞ、とピッチをあげて・・・

CIMG1595.jpg

こんな感じで順調に進んでます。

CIMG1597.jpg

最後の一枚となりました。
ここは今迄みたいに横から差し込むことが出来ないので上から嵌め込みします。

CIMG1598.jpg

バンザーイ  やっと完成。

写真で見れば見事な出来でしょ(笑)

作業を終えて掃除をして、ソファー等を原状復帰したらもう夕方の6時となっていました。

今迄のボロボロの床が見違えるほど綺麗になり、床だけは新築みたいになりました。
床が綺麗になると壁紙の汚さが目について・・・ さていつになるか。

但し、ずっと中腰とか、座っての作業だったのでマジに足腰が立たない、という感じ。
筋肉痛に悩まされそうで・・・

さて、今回自分でやって良く判ったのが我が家の手抜き工事。
先日リフォームをお願いした業者から細かな所で直角が出ていないという指摘。
どうしようも無いので現合で仕上げて下さいとお願いしましたが、
自分でやってみるとやはり直角で有るべき角が微妙に角度が違っていて床材を斜めに削ったり、
細かな部分が雑な仕上げなのでそれに合わせて工作したり・・・・

昔の建築ブームの頃はこんな工事を平気でやっていたんでしょうね。
家を購入する時には超有名な商社系の○○ハウジングだったので安心していたんですが・・・
結局有名メーカーだといっても二次、三次下請けに丸投げ工事していたんでしょう。

綺麗になった床を見て、ちょっと複雑な気持ちになりました。

自分でリフォーム

キッチンのリフォームはシステムキッチンまで交換なので勿論業者任せ。

実を言うと床と壁は以前自分でやった事が有るので最初は自分で出来るのでは?と思っていた。
だけどシステムキッチンは床の上に設置してあるので自分でやる事は不可能なのに気が付き、
全部込みで依頼した。
当たり前だけど流石プロ!という事で思った以上に細かな所までやってくれて大満足。
但し勿論コストは予想以上にかかってしまった。

という事で居間の床も以前からブカブカしていたのでキッチンのリフォームを機会に自分でやる事に。
中々踏み切れずにいたが本日やっと重い腰(痛い腰?)をあげて床材の購入。
近くのホームセンターに行き、妻とどれにする?と相談。
中々気に入ったのが無かったがサンプルの貸し出しが出来たので借り出して一度家に帰り、決定。
居間と言ってもたった6畳なので、床材は6枚1セットX3で済む。
ついでにフロアー釘、隠し釘、それと以前から欲しかった曲り尺も購入。
大枚ん、万円を支払って帰宅。
マイカーはセダンだが愛車はトランクスルーなので1.8mのフロアー材もなんなく入る。

本当にホームセンターって何でも揃うので便利です!!

なお電動丸鋸など必要なのは勿論持っているので問題無し。

早速ソファーや本棚を移動して床のリフォーム開始。

ホームページなどでは場所に合わせて床板を切断・仮止めして確認してから本止めした方がいい、
とネットなんかで書いてあった。
でも先日のプロの方法を見ると片側から貼っていたのでそれを真似て片方からどんどん攻めていくことにした。

まず1列目の一枚目を貼ろうとして接着剤を買い忘れたのに気づき、妻に走ってもらう。
無事届いて1枚目、2枚目と進み3枚目に接着剤をつけて入れたが合わない。
切断してから位置合わせするのを忘れて接着剤つけてしまった・・・・
仕方ないので接着剤がついたままやすりでゴリゴリ削ってサイズ合わせ。無事1列終了。

2列目は1列目と互い違いにする為に板を2分割する必要が有ったのでちょっと大変。
まあ、何とか2列目も無事終わった所で午後6時頃になり妻から近隣に迷惑になるからこれ位で!
とストップが入り本日の作業終了・・・・
午後3時頃から初めて全体の 2/9 迄出来たのでまずまずのスピードかな?

但しかなり腰に来た・・・・ (泣)

何をするにも老眼鏡が無いと作業出来ないのが悲しい。
それと道具を毎回置き忘れて、何処に置いたと大騒ぎ・・・ 
まさか認知症の始まり??

さて、明日腰痛で起きれない・・・・ なんて事が無い事を祈りつつ寝ます。

ふくしま・うた語り

先日発注した「ふくしま・うた語り」が届きました。

早速聞きました。

何人かの詩人が書かれた詩を加藤登紀子さんが歌い、語るCDです。

静かに、時には激しく、原発で汚された街、原発で離れざるを得なくなった悲しみを歌っています。

神隠しされた街

4万5千人の人びとが
たった二時間の間に消えた
サッカーゲームが終わって
競技場から立ち去ったのではない
人々の暮らしがひとつの都市から
そっくり一度に消えたのだ
  ・
  ・
家々の窓のあかりが 人びとの暮らしが
ひとつの都市プリッチャが 地図の上から消えた


チェルノブイリでは1500台のバスで4万5千人が非難し、そのまま還らなかった。
そしてその後15万人が故郷から遠い村々に消えていった。

そしてふくしまでも同じような事が同じように起こりました。


貝殻のうた

貝殻にも 光にも 雲にも 牛にも 駅にも
町にも 船にも 私にも
この地球よりも 重い命が 重い命がある


静かに命の大切さ、故郷を奪われた悲しみを歌っています。
そんなCDでした。

テレビを点ければ消費税問題と民主党の内紛の話ばかり。
一体東北復興はどこに消えたのでしょうか?
福島の事故の反省は何処に消えたのでしょうか?

CDを聞いて自分も何もしていない、しかし何も出来ない事を感じました。
せめてCDを買う事が少しでも支援になればと思いました。

一国民として出来るのは次の選挙で民主党に入れない事だけ?
でも今の原発依存の世界を作ったのは自民党。
ではどの党に入れれば?
民主党はマニュフェストは信用できないという最大の過ちを犯しました。
マニュフェストで約束しても簡単に覆す、という前例を作りました。
また我々は、それに対して何も出来ないという諦めも生んでしまった。

そんな事を考えた朝です。




パウンドケーキ作り

んー 暇なんですねぇ・・・・

それはそれで悲しいが、時間が有るという事はまあ何でも出来る、という事ですが・・・・

さて、先日のケーキとかが家族に好評だったのでそれに気を良くしてまたまた作っちゃいました。

やっぱり無印良品の手作りセットからです。
今回はパウンドケーキに挑戦してみました。
前回まではケーキ型までセットになっているタイプですが今回は生地だけのタイプです。
なんと315円、手軽な値段。

材料も作り方も袋に書いてあるのでその通りに集めて、その通りに作りました。
別に用意するのは無塩バター50g、卵2個、牛乳60ccのみ。
これだけというのは本当に楽!!

まずバターを溶かし卵と牛乳と混ぜた後に袋のミックスを入れて泡だて器で良くかき混ぜます。
その間にオーブンを170℃に温めます。
材料が良く混ざったらパウンドケーキ型に流し込み、オーブンに入れるだけ。

何と簡単な事!!

これなら料理嫌いの男でも誰でも出来ますよね。
オーブンに入れてじっと待つ事35分、時々覗くと段々と膨らんできて、美味しそうな匂いも漂ってきました。

無事完成したのがこの写真。(良く見たらちょっとピンボケ・・・)
写真はピンボケですが中々いい出来じゃ有りませんか? ・・・ 自画自賛(笑)
CIMG1584.jpg

切ってみると上はこんがり、中はふわふわ。
本当は4つに切り分けたのですが写真を撮る前に妻がつまんでました(笑)
CIMG1585.jpg

実はケーキ型が少々小さく、流し込んだら9分目位になったのでちょっと心配してましたが、
案の定あふれてしまい、外に流れて固まってました。勿論それも美味しく食べました。

早速出来立てを妻と二人で食べましたが自分で言うのはおかしいが、本当に美味しく出来ました。
後で息子達も食べましたが非常に好評でした。

別に無印良品さんの宣伝するわけじゃ無いですが、作り方通りにやれば失敗無く美味しいケーキが出来ます。

実は半熟カステラも一緒に買ってあるのでまた気が向いたら挑戦します。






加茂荘・花菖蒲園

日曜日、やる事も無いので久しぶりに花菖蒲でも見に行こう、と加茂荘に行く事にしました。
加茂荘はこちらでは割合有名な花菖蒲の名所です。
浜松市からは高速で30分位で行けるので行きやすい所かな。

自宅を出て新東名の浜松SAのスマートインターから入り、かなり空いている高速を走ります。
以前掛川市の方から行きましたが裏道だと半分位の時間で到着。

駐車場は結構混んでいてやはり花菖蒲のシーズンを感じました。
新東名の効果か県東部とかかなり遠方からの車も見受けました。

入口で入場料1000円也を払おうとしたらJAF会員は3割引き。
カード持っていないが、と言ったら妻がちゃんと持っていて有効活用。

入った途端花菖蒲の世界が広がります。
ちょっと遅いと聞いていましたがまだまだ綺麗な花菖蒲が一面に広がっていました。

写真は加茂荘のHPの方が綺麗(当たり前)ですのでそちらの方が良いかと(笑)


CIMG1558.jpg

また中央には綺麗な連の花が咲いていました。

CIMG1564.jpg


CIMG1563.jpg

ビックリするほど大きなオタマジャクシも泳いでました。
多分体長10Cm以上有るかな?
牛蛙の子なんでしょうかね?
一緒にメダカや鮒みたいなのも沢山泳いでます。

CIMG1566.jpg

最近は紫陽花も沢山育てているそうで、こちらも今が見どころです。
オリジナルな紫陽花も育てているそうで、普段見た事が無いような綺麗な紫陽花から何処にでもあるような花まで楽しめました。

昼食は花菖蒲を眺めながら「ちまき」を食べました。
その昔の携行食だったそうですがシイタケや銀杏や野菜をまぜたもち米を蒸して竹の皮に包んであります。
綺麗な花を眺めながらの食事はまた格別!!

CIMG1575.jpg

温室の中にも色々な花が満開で目を楽しませてくれます。
こちらは掛川の花鳥園と同じような感じですが、見事なものです。

CIMG1579.jpg

以前来た時にも居ましたが何故かフクロウが沢山飼育されてます。
殆ど寝てましたがこの一匹はカメラ目線で睨んでましたので撮りましたが中々いい顔をしてます。

帰りはのんびり一般道を一路自宅へ。
途中で森の名物のトウモロコシを買いました。
家で早速茹でて食べましたが今年初めてのトウモロコシは美味しかった。



報道とは

最近Twitterを始めました。

最初はTwitterなんて面白くない、Twitterで何が変わるの?と思ってました。
でも昨日ちょっと考え方が変わりそうな出来事が有りました。
それとそれにより今のテレビとかの報道を何処まで信用していいのか、という事も考えさせられました。

昨日の報道ステーションで報道していたので見ていた方もいるかと思いますが、首相官邸前での大飯原発再稼働反対のデモの事です。

これはTwitterである人が大飯原発再稼働反対のデモの呼びかけを行い、毎週金曜日に集まり始めたそうです。
実施するにつれて賛同者が段々と増え、昨日はなんと4万5千人も集まったそうです。
(警察集計では1万1千人)

実際の行動を起こした人がこれだけいる、またそれがTwitterでの呼びかけで集まった、という事は凄い事だと思います。

でも不思議な事にテレビでは報道ステーションでのみ報道されました。
NHKでは一切報道が無く、今日TBS系列でほんの少しの時間だけ報道されました。
それも他のニュースが有り時間が少ないないという言い訳付きで。

公共の報道機関としてのNHKは報道しない、という事は一体どういう事なのか。
また他局も報道しない。(私も全て見ているわけじゃないから正確では有りませんが)

警察集計だとしても1万人という国民が集まっていることに報道しないという姿勢。
私もTwitterをやっていなければ全く知らなかった出来事だったと思います。
また毎日新聞を取っていますがやはり新聞でも同様。
こういう出来事を見ると一体報道の公正性とは何だろう、と考えさせられます。
報道というものは出来事をありのままに報道すると考えていますが、最初から報道しなければ意味が無い。
Twitterで誰か書いていましたが、実際にNHKに質問した人がいるそうですが答えは上が判断する、という回答だったそうな。
その上の人は何を考え、どう判断して報道するのか、そこに恣意的な意図は本当に無いのか。

原発問題についてはもっともっと真剣に考える必要がある出来事です。
まず何故福島の事故は起きたのか。
本当に天災だったのか。
まずこんな災害は来ないだろう慢心が招いた事故では無かったのか。
そういう事を真剣に考えずになにもかもなし崩しに決めていく今の政治。
また停電するぞ、という嚇しと取れるような発言で国民を嚇す今の政権。

さも国民の事を考えているような顔をして独善的に決めていくなら、なんらシリアなどの独裁政治と
変わらないでしょう。
ただ独裁政治と気づかせないだけ悪質かもしれません。

そんな事をつらつら考えた土曜日でした。

たった一人では何も出来ない無力さを感じます。


自己嫌悪

んー またバカな事で金を使ってしまった。

何度やめようと思っても、何度痛い目にあっても、止められない。

ちょっと内容はバカ過ぎて、恥ずかしくて書けないような事だが。

この歳になってあんなバカな金の使い方をまだやっているなんて本当に自己嫌悪。


今まで携帯アプリの日記を使って小遣帳らしきものを記録してたけど、日記なので計算してくれない。
昨夜登録プロバイダーに家計簿が有ったのでそれに全部移した。
その時に今迄のお金の合計が出て、バカだという事に自分で呆れたばかりなのに
またちょっと誘惑にかられてしまった ・・・

これからは止めよう。

と何度思った事やら。


ただ時間の使い方が悪すぎる。

何かしっかりとした目的を持てばバカな事に費やす時間が無くなると思うのだが・・・

デザート作り

最近ケーキとか作り始めて何となく目覚めた?(笑)

どうもテレビ漬けの生活になり始めている。
こりゃダメだ、という事で散歩!! という時に限って雨が・・・・

イオンなら濡れないし目の保養にもなるか、という事で妻と出かけた。
殆どの店舗は大体が10代から20代がターゲットの感じで入るのも躊躇われる気がする。

電気屋さんを覗いてお掃除ロボットに感心したり、値段に呆れたり・・・

iPhone欲しいなぁ・・・

そんな風にブラブラしている中に無印良品発見。
先日のリフォームの後に整理しているが中々進んまない。
そんな気持ちで見ていたら整理に役立ちそうなケースを色々発見。
やっぱりみんな整理には苦労していてケースも

で次はやっぱり先日のケーキ作りが好評だったので次回何にしようか物色。

色々有る中でこれからアイスが欲しくなるので探したらあずきとココナッツミルクアイスというのを見つけた。
作り方、というほどでなく牛乳に混ぜて冷凍庫に入れるだけ。
ついでに別のケーキも購入し、帰宅。

帰宅してから早速取りかかる。

書いたように牛乳に混ぜてかき混ぜるだけ。
最初手で泡だてていたが、すぐに疲れて電動に任せることに・・・・

3時間ほどで出来る、と書いてあるのでそろそろ出来る筈だがさて、どうなっている事やら。

寝る前に確認して明日の楽しみにしよう。



停電 第二弾

今朝無事に停電も復旧し、無事朝食も取れたと思って一安心、と思ったら・・・・

テレビ点けたらテレビが出ない・・・・
停電でテレビが故障? と思ったがケーブルテレビなんで多分ケーブルテレビ局?
と思ってHP見たらやっぱりそうでした。

仕方ないのでケーブルテレビじゃなく、地デジ見ようと思ったらなんとB-CASカードのエラー
何度入れ直してもカードが読めません。

んー、テレビ漬けを痛感。

ふと気が付いてカーナビのB-CASカードを入れたら無事NHKが見れた。
という事はやっぱりカードが壊れてる(泣)
ま、NHKが見れりゃ一応情報は入ってくる。

中部電力のHPをみると浜松市近辺はかなり広範囲に停電中。
こりゃダメだ・・・・

飲み物もアイスも無いので妻がスーパーに買い物に行く。
帰ってきたらなんとアイスは冷蔵庫が停電でダメになったので売れません、との事。
確かに8時間も停電じゃアイスも溶けて売れないんだろうな。

その後用事で外出したらなんと信号機も消えている所が何か所かありその影響か平日なのに渋滞。
そして目的のお店に到着したら何故か暗い。
ん、今日は定休日? 
だけど入口は空いているので入ってみたら暗い中に店員さんが一人ポツンと。
聞いたらなんと停電で一応閉めてます・・・ あーあ。

帰りに昼になったので入った事が無いうどん屋さんに入ろうとすると入口に張り紙で、停電のため、
ただ今お休み中途の事。

道を挟んだ反対側のラーメン屋さんは満員状態。
停電って道一本で全く違うんだ。
帰宅して2時過ぎになりやっとケーブルテレビが復旧。

せっかく掛けた葡萄の袋は半分飛ぶし、先日洗車したばかりの車はドロドロになるし・・・
台風に振り回された一日でした。

でもたった一日程度の停電でもこれだけ影響が激しいのに何日も停電し、水道もガスも来ない生活なんて、
やっぱり体験した人にしか判らない、とつくづく思いました。

停電と反省

昨日の台風は凄かった!

多分昨夜9時前位に通過し、かなり静かになってきたと思っていたらなんと停電。
全てが一瞬にして真っ暗。

自室でパソコンやっていたが勿論真っ暗となり動きが取れない。
隣から息子がiPhoneのライトを点けて救出(笑)に来てくれる。

机には以前100円ショップで購入したLEDライトが入っていたが電池が入っていない。
1階の居間では妻が懐中電灯を探してごそごそ。

息子のライトで懐中電灯を探して点けて何とか光を確保。
妻がろうそくを出してきてマッチで着火。

車に非常用のLEDライトを載せてあるのでそれも持ってくる。
勿論こちらも100円ショップ。
100円ショップが非常に役立つ。
情報源はやはりiPhoneか携帯。
中部電力の停電情報をみると愛知県から静岡県西部の広範囲に渡っているのでこりゃ暫く無理だ!
こういう事態になると電気の有り難さと日頃の備えが大事だと再実感する。

100円ショップのLEDライトが二つ。
それと手回しライト・ラジオが役立つ。
手回しでどれだけ持つかな?と思ったが結構持つようですね。

幸いにお風呂は停電前に沸かしてあったのでLEDライトを吊り下げて交代でお風呂に入る。
LEDライトでの薄暗い中のお風呂も乙なもの(笑)

さて、喉が乾いた、と思ったら冷蔵庫の麦茶が切れている。
非常時の備えに缶詰は少し買ってあったが水は買っていなかった。
やっぱり非常時の備えはしておくものです。

停電情報見ても復旧の見通しは書いていないので状況が不明。

てな事を考えていたが結局真っ暗でラジオだけではやる事も無し。
子供も早々と自室に引っ込んでいったので我々も寝ました。

で、何故か4時頃目が覚めてみるとまだ停電中。
近所の人も顔を出してまだダメですね、と話しながら戻る。

妻とまだダメだねぇ・・・ 朝ごはん炊けないけどどうしよう・・・ と話していたら突然復旧。

という事で30数年ぶりの長期の停電の経験でした。

ここで反省
LEDライトは非常に役立つ。
家族がいる場合は可能なら家族の人数分は有った方がいい。
一部屋に集まっていればいいのだがトイレとか移動する必要が有るのでやはり数は必要。
それと懐中電灯タイプも必要だがランタンタイプが一つは欲しいと思いました。
冷蔵庫に水とか飲み物はある程度確保しておくべきでした。
それと非常用の水もやっぱり必要だという事を痛感しました。
昨夜はガスも出るし蛇口を捻れば水も出る。
でもそれが止まったら、と考えるとゾッとしますね。

てな事を停電の間に思いましたが、こんな短時間(我が家にとっては長時間)の停電でも不便な事を
実感した訳ですが今更ながらに東日本の災害に合われた皆さんの苦労はどれほどだっただろうと思います。

非常用の水を買っていなかった、という事はやはりあんな災害はまず起こらない、と思う気持ちが心に有ったと反省しました。

でも考えてみるとそんな気持ちを政治家も持ってしまい、それが原発再稼働にも繋がっているような気がしました。


台風真っ只中

ただ今台風の真っ只中。

もうガタが来ている我が家の2階にいると風で家が揺れている。

んー震度2かな。ちょっと恐ろしい。

1階の居間ではなんと雨漏り。
今更仕方ないので洗面器とバケツと・・・・ 小さな子供の頃を思い出す。
居間にいるとポタ・ピチャと変なハーモニーが。
晴れたら点検してパテでも詰めないと。

まだ東風が強いので台風は西にいる模様。
と、書いていたら少しずつ風向きが変わっているような感じ。

小さな頃父から教わったのは台風は北側を通過するのが恐いんだ、という事。
先ほどテレビでも同じ事を言っていた。
国土交通省の防災提供センターのリアルタイムレーダーを見ると今北側を通過中みたい。

夕方駐車場を見たら先日かけた葡萄の袋が何個か飛んでしまった。
ちょっと掛け方が悪かった見たい。
ついでに葡萄の粒が何個か落下。
まあ、こんな事も仕方ないだろう。

んー書いている間にかなり強い風、
少し雨は弱まったようだが風は一番強い感じ。

ボロ屋が持ってくれるといいのだが・・・・

好きだけど嫌い

また目が覚めてしまった。
普段は6時がいつもの時間だが、5時に目が覚める。

まあ、自分の年齢だととっくに起きて散歩している人の方が多いかもしれない。

仕方ないので読みかけの乃南アサさんの「好きだけど嫌い」の続きを読む。
彼女の本は「凍える牙」を初めとしてかなり読んでいるつもりだが、この本は知らなかった。
いつもの本のリサイクルショップで目につき購入した。

読んでから後書きを読むと彼女が30歳の頃に雑誌に連載したエッセイをまとめたものだそうだ。
彼女の本は小説しか読んでいなかったのでちょっと新鮮だった。

世の中の小さな出来事からよくもこれだけ語れるものだ、という位に文章がはじけていく。
タイトルを見ると中身が全く想像できない。

「シワの作り方」
樹齢300年という盆栽を見た事から展開する話だがそれが何故シワに、という興味に変わる。

木の年齢は年輪で判るという事は誰でも知っている事だが、切る事が出来ない盆栽の年齢は?
松の表面はうろこ状の木の皮が有るのは誰でも知っているが、それが300年というとてつもない時間を
経るとなめらかな肌になるそうな。
そんな話から顔のシワに展開していく。

女性なら誰しも年齢と共に気になってくる顔のシワ、どうせシワが出来る運命から逃げられないのなら
良いシワを刻みたい、と語る。
シワにも良いシワ、悪いシワがあり、どうせ出来るのなら良いシワを刻みたい・・・

考えてみると女性はシワを気にするが男の場合はそんなに気にしていない。
毎朝鏡を覗く訳だが顔については殆ど気にしたことは無い。
ここが女性と男性の違いかも。

ただ、自分の場合はある時期から顔年齢が気になってきていた。
乃南さんが良いシワを作りたい、と願うのとちょっと違うが男はやはり年齢なりの顔が必要だと思う。
自分は年齢に比較してかなり若く見えるらしい。
しかし若いですね、と言われて喜こべるのはスナックとかバーとか女性にモテたい場所だけ。

男の場合は会社の中でも仕事での他社との付き合いでもやはり若く見えるとそれは経験が少ない、
イコール頼りないにつながると思うのは自分の僻みかな?

「適材適所」
編集者が変わりそうな事から作家と編集者の関係、サラリーマンの移動について書いていた。
作家と編集者の切っても切れない関係を考えるとサラリーマンの転勤とは違うんだよ、と書いている。
サラリーマンには移動・転勤は常の事。
だけど「適材適所」は大事なんだよ、と書いている。
でも適材適所とか考えて人事をする会社なんて少ないのかな、なんて考えてしまう。
サラリーマン時代人事考課の季節になると部下の考課をするのだが果たしてその部下の何処まで理解しているだろう、という疑問と共に、上司は自分の事をどれだけ判っているのか、という恐怖と。
そんな疑問をいつも抱いていたような記憶が蘇った。

初版から10年以上過ぎているが少しも古さを感じさせない本だった。

あ、「今の若い者は」 という言葉は文字が出来始めた太古の時代から有ったと言うからいつの時代も同じかもしれない。

今日は晴れました

昨日の雨も上がって初夏といってもいいような良い天気となりました。

午前中は相変わらずグダグタしていましたが、これじゃ頭にカビが生える、という事で、
葡萄の袋かけをやる事にしました。

カーポートの下に植えて、数年前からなるようななったんですが、ここ2,3年良い色に色づいた頃に
実が割れて食べられない。
巨峰で割れずに少し残ったのは結構良い味なんですが・・・
何ででしょうね?

ただ殆ど手入れもしないので伸びるまま、というのもダメなんでしょうか。

妻と二人で袋かけしながら本に書いてあったように房の上と下を少し剪定しながら袋をかけます。
今年はついでに余分な枝や、枯れた枝を切りながら進めました。

葡萄の枝って見た目は枯れたように見えてもちゃんと先の方には青々とした葉と房がついてます。
それの見分けがつかずに枯れた枝と思って切って、落とそうとしたら何と房付きの枝を切っていました。
大失敗・・・・

そんな事をしながらやっていたら袋が足りなくなり、本日の仕事は途中で終了。

CIMG1552.jpg


ついでに庭に植えたナス、トマトもかなり伸びて来たので添え木をして倒れないようにしました。
ナスもトマトも小さいですが2,3個ちゃんと実がなってます。

CIMG1553.jpg


CIMG1554.jpg

午後に妻が出かけたと思ったら夕食後に父の日という事でケーキが出てきました。
気持ちだけでも嬉しい、という事にしておきます。

あ、そういえば母の日には何もしなかった・・・・ ヤバイ



さあ これからだ 

今日は雨

朝起きてまず新聞を読む。

まずは連載小説を読んで、その他の記事へ。

今日の毎日新聞に連載している蒲田實氏の「さあ これからだ」を読んだ。
昨年の大災害の後加藤登紀子さんとコンサートで氏の朗読と加藤さんの歌が反響を呼んたそうだ。

その後福島の子供を助けたい、という夢がCDという形になっていったそうだ。
アルバムでは福島の詩人の和合亮一さんの詩とツィッターで知った作曲家の伊藤康英氏が曲を作り、
加藤登紀子さんが歌ったそうだ。
また福島の77歳の詩人の「神隠しされた街」も・・・・

「4万5千人の人びとがたった2時間の間に闇に消えた」 という書き出しで始まる詩。
福島の原発付近の街から人っ子一人いなくなり神隠しが起きた。

そんな詩と加藤登紀子さんの歌で構成されたCDが発売されているそうだ。

「ふくしま・うた語り」 1500円



最後に今の日本を語る象徴的な言葉で終わっている。

日本のリーダーたちは今、必死になってなにもなかったかのような「偽装」に務めている。
だが、今まで通りでいいはずはない。日本の新しい生き方が問われている。



どこから食い違ったのか判らないがいつからか日本の行くべき道が間違った方向に進んでいると
思うのは私だけでは無いと思うのだが。

こんな事を書いておいてリンク先も見てないのでは恥ずかしいのでリンク先を訪問してみました。
そして久しぶりに加藤登紀子さんの声も聞きたくなり早速発注してみました。
届いたらまた感想を書くかもしれません。

そういえばかなり昔に加藤登紀子さんのコンサートを聞いた事が有ります。
加藤さんの事をちょっとでも知っている人はご存じだと思いますが、もう亡くなった加藤さんのご主人は
確か学生運動で刑務所に入っていた事がありますが、当時はまだ刑に服していて、加藤さんがコンサートの
途中でそれを話していたのがとても印象的でした。

そんな事を思い出して月日の流れの早さをまた感じた朝でした。

ゴルフって・・・・・


静岡県西部は良い天気になりました。

今日は約2か月ぶりのゴルフを楽しみました。
会社の昔の仲間とのラウンドは良いものです。
スコアは・・・・ 散々でしたが。

出だしはまずまずだったので、ん今日は!なんて考えが頭をよぎったのが間違いの元だったでしょうか?
途中からやっぱりドタバタしだして。
このコースは西部ではかなり古く、土日は結構高額なので現役時代は殆どやった事がありませんでしたが、
平日なら何とか手が出るので最近時々来るようになりました。
高い理由の一つにこのコースはセルフは許しておらずギャディ付きがなのでどうしても高額となります。
ただ、狭いし、グリーンはバカっ早くて私には難しいコース!

ゴルフってやった人は良く知っていると思いますが結構メンタルが重要なスポーツです。
一番嫌なケースはコンペなどで性が合わない人と廻ら無ければならない場合。
これはもうどうしようも無い。
廻っていても本当に楽しく無い。楽しくなければスコアも良い訳無い。

それと時々有るんですが嫌いな人では無くても同伴者の何気無い一言で崩れる場合。
その人は悪意で言ってなくても何か心に残るともうダメ・・・ メロメロになったりします。

だけど今日は気心が知れたメンバーなのでそういう事は全く有りませんでしたが・・・・
原因はやっぱり下手!の一言に突きます。
バンカー入れりゃ出ないわ、グリーンじゃパットがノー感で往復ビンタ食らうわ。
ティーショットでナイスショットの一言を貰ったのにセカンドショットでダフッたり・・

ま、そんなドタバタゴルフでしたが和気藹々と楽しいゴルフが出来ました。

ま、スコア悪くても会心の当たりが1、2度出れば

ゴルフは楽しい! やっぱり止められない

さて、明日は雨、晴耕雨読と言うから途中まで読んだ乃南アサさんの本を読もうかしら。

リフォーム完了 !!

本日リフォーム完了

午前中壁紙の張替え業者が入り、午前中で壁紙が一新。
今までのすすけた壁が嘘のように綺麗になった。
やっぱりプロは違いますね。
壁紙の張替えは自分でも何度かやったけどやっぱり細かな所の仕上げと早さが違います。

それが終わると交代にガス・水道・電気の業者が入り接続工事を実施。
次にレンジの取り付けが終わり工事は全て完了しました。
最後はガス会社の担当が来て、レンジの使い方なんかを説明してくれて、4日間に渡ったリフォーム終了


恥かしいけど Befor
CIMG1537.jpg 

見違えるような After
CIMG1549.jpg
こうやって見ると何か別の家みたい・・・・

そうそうリフォームの完了記念品としてガス用専用鍋をくれました。
担当者が来る前にレンジの説明書を見ていたら専用の鍋を使うとガスレンジでもご飯が炊ける、という書いてあり、ふーん、炊飯器が無くてもご飯が炊けるんだ、と思ってたらその鍋をくれるとは思わなかった。

でも考えてみたら炊飯器は電気を使うけどお鍋でご飯を炊けばガスを使ってくれる。
流石商売上手です。
もしかしたら火で炊くわけだから電気より美味いかも?

さて支払で頭が痛い・・・・・

そして業者が帰ってからの現状復帰がまた大変。
妻と二人でこの食器は何処に有ったっけ? とドタバタドタバタ
ありゃ、前はここに入れていたけど今度はサイズが違うので入らんぞ! とか・・・・

それとキッチン用品を掛けたり、置いたりしていたキッチン小物をリフォームの為に外したけど、
殆どが両面テープで張ったりネジ止めだったのでそのままじゃ付けられない事が判明。
もう店も閉まっているので諦める事に。

でも何とか夕食の支度が出来るまでに復旧させて、4日ぶりの妻の料理を味わう事が出来ました。
確かに外食やほっかほっか弁当でも美味しいけどやっぱり家で食べるご飯が一番いいですね。

明日からのんびり何を戻すか、何を仕舞っておくか、考えながら整理します。
でもやっぱり使わない食器の数には呆れる・・・・
珈琲セットは何セット有るんだろう?
どっかでフリーマーケットでもやっていないかしら(笑)

だけど驚いたのが妻の記憶力。
このセットは誰それの結婚式の引き出物。
これは誰それから貰ったもの 等々
殆どの食器の由来を記憶してました。

中でも笑えたのが、このセットはAさんの1回目の結婚式の引き出物という言葉でした・・・

でも妻は重要な事はすぐに忘れる癖に、こんな事と芸能界の事はしっかり覚えているのは何故だろう。

不思議だ!





夢について

今日も早めに目が覚めてしまった。

今日はゴルフの早朝練習に行くつもりだったので丁度良いが。

今日もいつものように夢を見て、その途中で目が覚めた。

夢は人によりよく見る人と、見ない人といるそうだが、自分は良く見る方だと思う。
多分殆ど毎晩みているのでは無いかな? 
妻はあまり見ないと言うが。

夢についてウィキペディアを探したらまあよくもこれだけ有るものだという位に色々書いてあった。
昔は占いと密接に関係していたらしいが占いには全く興味無し。
また心理学的にも色々と書かれていた。
学問的な事はそちらに任せて、今朝の夢は・・・・

多分明日ゴルフに出かけるのでその関係と思うが、ゴルフに出発する夢だった。

何故か今の愛車でなく、昔のベンチシートの乗用車。全く根拠不明。
ベンチシートの車には乗った事は無いが、あれってシートの調整とか出来ないのかな?
何故か窮屈なシートに我慢して運転している。

それと不思議な事に妻が同乗していた。
妻はゴルフをやらないので同乗するわけは無いのだが。
一生懸命ゴルフ場に向かっていたが、何故か車を降りて街中で電車に乗り換えている。
自分の街は電車なんて1路線しか無く乗った事も無いのに・・・・
そのうちに何故か降りて徒歩に変わる。
勿論徒歩では間に合わないことが判っていて気持ちは焦っているが全く足が進まない。
と、このあたりで目が覚めた。

夢は白黒という説とカラーも有るという説と諸説有るらしいが、自分の場合はどちらかは記憶が無い。
でも先日テレビで久しぶりに「ローマの休日」を見たが白黒でも全く違和感が無かったので夢も似たようなものだろう。

夢は見ても忘れることが多いというが妙に覚えていたり、それと劇中劇ならず、夢中夢も見た事がある。
また夢の中でこれは夢だと判っていてみている夢も有るような・・・・

良い夢ならいつも見たいものだが大体は間に合わないとか、叱られたりとか、良い夢は殆ど見ない。

基本的に夢はすぐに忘れるのが常だが、中にはずっと忘れない夢も有る。

そんな一つが、若い頃良く見た夢で、既に会社に入って頑張っていた当時に見た夢だ。

「貴方の卒業は取り消されました」という通知が大学から届く夢。
この夢だけは今でも忘れられない。
夢の中で「会社にどう説明しよう、これからどうなるのだ」と恐怖に駆られて目が覚めるのがいつもの事だった。
不思議なのは卒業論文で苦労した記憶は全く無くこんな夢を見る理由が良く判らない。
大学で留年したのでその時の記憶が曲げられているのかな?

ついでに子供の頃おしっこを出して「ああ、気持ち良かった」と思ったらおねしょしていた、というのは多分誰でも経験ある夢だと思うけど。

そて明日(今夜)はどんな夢を見るのでしょう・・・・・
たまには大豪邸で美女を侍らせて・・・ そんな夢を見てみたい(笑)


それが段々と白昼夢に変わったりして・・・

ニュースを見て


工事中やる事が無いのでTwitterを見ていたら小沢一郎夫人が離婚し、離縁状を週刊誌に掲載したと
つぶやきが書かれている。

なんだ!、と思いネットを探したら夫人が小沢氏に愛想をつかし、離縁したとの事。

ネットに書かれた内容を見ると、小沢氏は昨年の大震災、その後の原発爆発で地元を見捨てて逃げだし、その姿を見て、愛想をつかしたと書かれていた。

これが本当なら確かに政治家としての姿勢が問われても仕方ない。
政治家として国民、それも今まで押してくれた地元を見放した訳だからその責任放棄は大きい。

個人的には小沢氏は好きでは無い。
政党の壊し屋だという話に始まり、政党を潰しては政党助成金を自分の物としたという話、
裁判になっている政治資金の問題から・・・・
特にこの問題なんて億という金を知らなかったなんて一般常識から通用する話ではない。
私の今までの経験では金持ちほど金に細かいのは当たり前。
だから小沢氏は信用していない。

ただ消費税増税は約束と違うから反対する、と言っているのは正しいのでは?と思っていた。

マニュフェストは全て反古にし、原発の原因追及もせずになし崩しに原発を再稼働し、自民党と連携するような政党の中で孤軍奮闘という気がしていたが・・・

小沢夫人の手記が本当なら許せないが、ただこの大事な時期に合わせてこんな手記を出すのは何かきな臭い。

民主・自民・公明がへんな連携をして、消費税その他の法案を国民の民意を無視して強行しようとしている中で小沢グループが目の上のたんこぶ的な存在だった。

この手記で小沢グループを分断しようとする意図が見え見えである。

と思ったが夫人の手記ではこんな人間を今まで信頼して国政に送る手伝いをしてきたことを恥じている、という一文が載っていたので夫人もこの時期を狙っていた訳ですね。

今の政治は本当に腐っている・・・・

いかん、どうも怒りっぽいのが直らん。


リフォーム工事3日目

今日はいよいよシステムキッチンの設置日。

まずキッチンパネルの設置工事をやってそれからシステムキッチンを設置するらしい。
昨日工事した壁に真っ白なキッチンパネルを貼り付けていく工事をやっている。

残念ながらマスキングシートみたいなのでしっかりと周りを囲って、埃が飛び散らないように
しているので中の詳細はあまり判らなかった。
ちょっと覗くとキッチンパネルを窓などに合わせて細かな所から張っている模様。
いままでの薄汚れた壁が見違えるように綺麗になっていく。
途中パネルを切ったりしている音が中々賑やか。

パネルが大体張られた後に覗いたらレンジフードが取り付けられていた。
外ではシステムキッチンの組み付けが並行して進めらしている。

夕刻に全て終わり、作業内容の説明と写真の撮影をして完了。
作業前、途中、完了後とすべて写真を撮影して、本社に送付しなければいけないそうだ。
また作業員の服装なども撮影が義務付けられているらしい。
聞いたところだとやはり後でのクレーム対策も兼ねているとの事。
作業員も中々大変である。
この家はバブル後の建築ブームのような時に建売で購入した家。
かなり有名なハウジング会社の販売だったので信頼して購入したが、購入して暫く立つと手抜き工事が
そこかしこに見つかった。
20件程同時に販売された一種の団地みたいな販売形式だったが、どの家でも多かれ少なかれ瑕疵があったらしい。
こうやって壁などを剥がしてみるとかなり酷い造りだったのが良く判った。
あちこち本来直角になっていなければならない角が微妙にずれているのが判明した。
まあ、強度に影響するような部分ではないが、この調子だと本格的にバラしたらどうなっているか少々不安を感じた。
当時は下請け・孫請けなんて常識だったようだからみなやっつけ仕事だったんだろう。
今回の工事を依頼した会社はガス会社なのでこれからもずっと付き合うのでそういう意味では信頼できるし、昨日も今日も屋って貰った仕事を見ると本当にしっかりとやってくれていた。

さて、明日が楽しみだ。





リフォーム工事2日目

今日も朝から業者が入り工事開始。

昨日に続き、フローリングの張替えと壁下板の張替え。
あいにくの空模様なのでカーポートの下で作業が出来るように我が愛車を屋根が無い側に移動。
昼前からやはり雨が落ちてきて、移動しておいて良かった。

床板は昨日半分位出来ていたので今日はその残りをやっています。
流石プロですね! 綺麗に床板を張っています。
築30数年経ちブカブカしていた床が新築みたいに変わっていきます。
昔と違い、電動鋸とか、釘打ち機とか、便利な時代になりました。
私も以前フローリングの張替えは自分でやった事が有りますが、金槌で釘を打つと、フローリング用の
釘って斜めに打たないとダメだし、小さいので結構大変。
電動ならパンパン、と本当に簡単。
こんなの欲しい、と思うけど絶対に普段は使い道無いですね。

ついでに床下収納の場所も移動して貰いました。
元々が変な場所だったので使い辛く、殆ど開かずの間、というか開かずの収納庫状態。
完成したのを見たら見事な出来栄えで感心しました。

本日は6時近く迄かかり、無事予定のフローリングと壁の処理が完了。
明日はいよいよシステムキッチンが設置されます。

非常に楽しみ!!

ついにリフォーム当日が来た

いよいよリフォームが始まり、撤去が始まり大きな音がしてます。

今日はちょっと早起きして最後の片付けを早めにしたつもりだけど、気が付くと玄関のチャイムが鳴っていた。
まあ、何とか間に合ったかな?
後は業者さん任せ。

30数年お世話になったキッチンの数々 ご苦労さまでした。
CIMG1543.jpg



さて、庭のナスが実をつけました。ちょっと楽しみです。
CIMG1538.jpg

となりに植えたトマト。昨年はプチトマトですが今年は普通のトマトを植えてみました。
CIMG1539.jpg

猫の額ならずネズミの額(有るのかしら?)の程の庭なのでいつも植えたのが喧嘩します。
一緒に植えた地這えきゅうりがナスに絡まってました。
広い庭が欲しい・・・・

今年もガレージの巨峰が実をつけました。そろそろ袋かけしないと・・・
CIMG1540.jpg
毎年立派な実をつけるのですが、何故か実がはぜてしまい殆どダメになります。
ネットで調べても原因が良く判りません。
甘いせいか、かなり毛虫とかついたりして糞で車が汚れるので今年もダメならもしかしたら来年は無いかも。
良い音楽を聞かせると美味しい作物が出来るそうだから、逆に来年は無いぞ、と嚇してみようかしら(笑)

んー 工事の音が騒々しい。ご近所迷惑になりそう

リフォーム準備完了 !!

やっとリフォーム準備完了。

というより移動しただけかも・・・・・
とはいいつつ、食器棚二つ、シンクの下、吊戸棚、全部空にしたから凄い! 自画自賛。

もう一度業者に問い合わせたら冷蔵庫は重いし、中身が有るので移動しながらやります、との事で冷蔵庫はそのままで良くなり一安心。
また食器棚も中身を空にしてあれば移動しながらやりますとの事で移動は免れました。
とは言っても冷蔵庫も食器棚も一旦移動して後ろと床のお掃除を。
まあ、よくもこんなに汚れるものだ、という位に汚い事。
日常の掃除じゃ絶対に移動しないから無理も無い。

撤去されて捨てられるのにレンジとか、かみさんが一生懸命綺麗にしてる。
30数年ありがとう、とでも言ってるのかな?

さて、明日から工事中の間は炊事が出来ないので外食か、コンビニ弁当生活だぁー

食堂のリフォーム準備

本日も早起き、というより深夜に目が覚めてしまった。
何故だろう。
ずっと肩の筋を痛めていてその痛さで目が覚めたのかしら。

さて、昨日は食堂の片付けを開始!
築30数年となって我が家も大分ガタが来ており妻からシステムキッチンに変更したいと強い要求が有り、
リフォームする事になりました。
最初はシステムキッチン廻りだけの予定だったけど、床もガタが来ている、壁紙もボロボロ。
どうせやるなら同時にやるのが良いですよ、という営業の甘い誘いにつられて結局食堂全部やる羽目に!。
その為に食堂に工事中は何も置けなくなるので整理を開始。

キッチンの下、吊戸棚の中、床下収納庫、食器棚・・・・・
全部中身を出したのですが、まあ出るわ出るわ!
よくもまあこれだけ有るものだ、という位に色々なものが出てきます。

収納している物なんて今は使わないけど捨てるのが勿体ないのでと取ってあるものが殆どですね。

以前使ったお弁当箱。
 本当に使ったのかしら、と思われるアルマイトの弁当箱から、保温式のものまで幾つあるんだろう。

その昔社員販売で買わされたワインや貰った正体不明のお酒
 アルコールに弱い夫婦には不用品(笑)
 ワインは年代物になっていて美味くなってたりして。

引き出物とか、記念で貰った食器の数々。
 一体何セット有るんだろう。

結婚祝いで頂いた珈琲サイフォン。
 貰った当時は少し使った記憶は有りますが、使わなくなり仕舞ったまま。

使えなくなった包丁
 何故捨てなかったんだろう。

ジューサーとかの料理器具の数々。
 中には新品のままが有るのは何故?

最初は処分行き! なんてやってましたが途中から面倒になり全部段ボール箱に保管する事に変更。

30数年の積み重ねは凄まじいものです。
整理ベタな夫婦だという事を実感!

でも子供の弁当箱とか、新婚当時使っていた鰹節削り器とか見ると家族の歴史を感じますね。

収納棚を運び出してみると今まで狭いと感じていた食堂もちょっと広いかなと再認識。

今日は空にした食器棚とか、冷蔵庫の移動をしてリフォーム準備完了。

でも段ボール箱の数を見るとリフォーム後の事が頭が痛い。

さて、リフォーム中は勿論キッチンが使えない。
外食か、インスタント食品か、どうなる事やら。

でも皆さんは使わない食器はどうしてますか?
新品はリサイクルショップで引き取って貰えるのかしら?

相変わらず目が覚めるのが早い。
のんびり寝ていたいのに・・・・
妻から「貴方は早起きして、昼間グウグウ寝ている」 と不思議がられている。
何も好きで早起きするんじゃないが。

今日は雨

最近Twitterを良く見るようになった。
Twitterの凄さはその対応の早さ。
テレビを見ていて何か感じた時に検索すると既につぶやきが登録されている。
どうやるとこんなに早く書込み出来るんだ!
ま、若者の入力スピードを見ていると判るが。

最近歳のせいか怒りっぽくなっている自分がいる。
いつも何かに怒っているような・・・・
でも世の中が怒らなくなっているような気もするが。

政治の荒廃が筆頭。
嘘をついても糾弾されても開き直る野田政権。
破綻した企業のトップが開き直る電力会社。
破綻しつつある日本でもなお牛耳る官僚たち。
これでは嘘をついても金さえ有れば良い、という人間が増えるのもうなづける。
今の日本人は怒らなさすぎるのでは無いだろうか。

そうやって考えるとブログも、Twitterも、フェイスブックも何が出来るのだろう。
単に自分の自己満足の為?

雨のせいか、ふとこんなことを考えた朝でした。

チーズケーキに挑戦!

定年親父は本当に暇。

本日はゴルフの練習に出かけて、午後はテレビ漬けになりそうなので、NCISを見てから
先日買ってきたチーズケーキ作りに挑戦(大げさな)する事にしました。

とか言ってるけど無印良品にはケーキとか、パンとかセットが売っているんですよ。
そのチーズケーキセットを使うだけなんですがね。

CIMG1531.jpg


これが材料一揃い。
セットにはチーズケーキミックスと上に載せるアプリコットソース、型が入っています。
別に準備するのは牛乳50cc、卵一個、バターかマーガリン50gだけ。
本当は無塩バターなんだけど無いので普通のバターを流用。(あ、もう溶かしてあります)

ちゃんと手順が書いてあり、手順通りに進めます。
バターをレンジで溶かしたら、卵と牛乳をざっと混ぜます。
大体混ざったらケーキミックスを加えて良く混ぜます。
あ、この間にオーブンを160度で温めておきます。
生地が出来たらケーキ型に流し込みます。

で、後はオーブンに入れて30分気長に待ちます。

そのうちにチーズケーキ特有の良いにおいがしてきました。
以前失敗したパンと違ってちゃんとふっくらと出来てきました。

30分したら竹串の先で刺してみて固まっていれば出来上がり。

良く冷ましてからアプリコットソースを塗ってチーズケーキ完成。

CIMG1534.jpg

CIMG1535.jpg

お、見た目は中々いい出来でしょう。

早速妻と食べてみましたが結構良い味です。
チーズケーキの甘さとアプリコットソースのちょっとした酸味が丁度良い組み合わせですね。

これでなんと399円

今時ケーキ一個400円なんてザラですから、家庭で簡単に作れるのでお勧めだと思います。

前回はシフォンケーキを作ってこれも美味しかったのでなんか嵌りそうな予感。
後で息子達も食べましたが好評でした。

ちなみに以前会社のそばに有ったインドカレーの店のナンが好きでお昼によく食べたものですが、それに触発されて無印良品のナンを作りましたがこれも家族には結構好評でした。

あ、お腹の出具合がちょっと心配(笑)

<
/span>

定年親父のコンピューター備忘録(5) RPGⅡとの出会い


本日は自分の備忘録となりますので興味の無い人(多分全員)はパスしてくださいね(笑)

んー  いかん、前回RPGⅡとの出会いなんて書いてRPGⅡの事は全く書いてなかった。
WindowsやらOS2やら、脱線で終わってしまった。(笑)

さてRPGⅡですが多分パソコンのみしかやった事が無い人は全く知らないでしょうね。

元々はIBMさんが社内用に作った簡易言語だったそうです。
Report Program Generatorの言葉どおり、報告書を作る為の言語だったらしい。
非常に良くできているのでオフコンに搭載したという話ですが。
これがS36SXという今のタワー型パソコン程度のサイズのオフコンから、銀行に設置される位の
大型オフコンまで動作(厳密に言うと36用、38用とちょっと違いますが)したので凄い事です。

ま、RPGⅡの説明を書こうとしましたが、前回もリンクしたこのページがあまりに詳しく書いているので恥ずかしいので説明はそちらにお任せします。

ま、一言だけ言うとプログラムは仕様書という細かく規定された仕様にしたがって記述します。
逆に言うとそのとおり書けば割合と簡単に高度なプログラムが出来るという事になります。

プログラムを作っている人は判ると思いますが結構データベースのIOは面倒なものですが、
IOを仕様書に従って書けば良い、というのはかなり工数の低減になると思います。
またS36当時の内部記述から外部記述になり簡単だったIOが一層簡単になりましたね。

プログラムを習得してからは社内システムのコンピューター化をどんどん進めました。
またパソコンソフトもマルチプランとかワープロソフトが導入されて、パソコンがどんどん導入されていきました。

またここで脱線。マルチプランも懐かしい!! 
ビジカルクは一般には広がりませんでしたがマルチプランはよく出来たのだと思います。
EXCELに乗り換えた時にはEXCELは使いにくい、と思った位でした。
ロータスからはロータスI23が発売されて結構しのぎを削っていたような気がしますが私は
マルチプランが好きでしたね。

で、元の線路に復旧してと・・・・

社内システムでは生産管理、給料計算、人事系等ありとあらゆるシステムを構築しました。
給与計算だけは基本システムは外注委託しましたがその後の変更から、年末調整、算定基礎届処理など、周辺処理は全て社内開発しました。
おかげで給料計算とか、年末調整の仕組みとか、色々と覚えさせて貰いました。
今は忘却の彼方ですが(笑)

給料関係では年末調整の計算が中々合わず、労務担当者と喧々諤々で徹夜したのも今となれば懐かしい思い出です。

そういえば今は全てネットが発達してデータはネットワーク経由で送受信するのが当たり前ですが、当時は専用回線で送受信するのが当たり前。
勿論そんな専用線は超高額で一般企業には手も足も出ず。
給料計算が終わると全員の給料データを印刷して銀行に届けた時代がありました。
暫くそんな事をしてましたがこれだと銀行はまた手入力する必要が有り、その後FDDでの受け渡しに変わりました。
ここで例の8インチFDDが登場します。
FDDは5インチが出てきていましたが、各社間の受け渡しには8インチを使うのが標準でした。
多分フォーマット形式が統一されていたからだと思いますが。
とはいえ、確か片面、両面、標準、倍密とか色々有ったような・・・・
非常に便利になったような記憶です。
暫くそんなやりとりを重ねて、その後通信(電話回線)に変わるのはそんな時間がかからなかったと思います。

さて、次は多分RPGではあまりやる人は少なかったと思う通信系でも書きましょうか・・。




おはようございます

あー 朝だ !

と、変な言葉を思い出した。
作家の阿佐田哲也のペンネームは「朝だ、徹夜した」から来たというのは有名な話だけど本当なんだろうか。
麻雀も長い事やってないなぁ・・・

という事はこれ位にして。

CIMG1530.jpg

またまたレコードを発掘(笑)

茶木みやこさん。
LPレコードが有るという事は当時気に入っていた証し。
特に泪橋が好きだった、というかこれが一番有名だったかな。
ちょっと悲しげな独特の声と、アコースティックギターがいい。

  京の日暮れは東山
  雨にうたれる疎水べり
  行きつ 戻りつ 偲びつつ
  あの日の友は 今 いずこ
  泪でかすむ この橋は
  誰が 名付けた 泪橋


涙ではなく 泪 なんだ。

本当に何年振りか判らないがレコードを聞くと当時の事が走馬灯のように思い出される。
こうやってレコードをCDと比較して聞くと何となくレコードの方が良い音のような気が
するのは単なるノスタルジー、それとも何か機械的な違いが有るのかな?
勿論スクラッチノイズは古い為かかなり派手だが・・・・

定年親父の楽しみの一つが増えたような気がする。

本日の日記

失業中はやることが無い事が辛い。 

早く離職票届かないかな。
とはいっても定年で辞めた先輩が口を揃えて言うのは「仕事なんて無いぞ!」の1言。
その次は、「何かやる事を見つけないと一日が長いぞ!」の2言目。
まあ見事に皆さん同じ事を言います。

確かに退職してからやる事が無い。
趣味だったギターも弦は錆まるけ。
手が痛くて弾けないので仕方ないが・・・・
で、読書とパソコンが唯一の、いや唯二の趣味かしら!

あ、3番目が有った。
たまにしかやらないゴルフだけど・・・・・
来週誘われてるが暫く練習してなかったのでたまには行こうかしら、とバッグ積んで練習場へ。
当たり前だけどガラガラ。かなり大きな練習場だけどほんの数人。
まあ、気に入った場所で打てれるからそれだけが良い点。

で、練習始めたらこのだだっ広い場所なのにわざわざ隣に来るやつが居る。
近くにいると気が散るんですよね。
わざわざ移動するのも癪なんでそのまま練習!

暫く素振りもしてないと体が固まってますね。
少し打つと何とか体が思い出してくれてまずまずの球が飛んで行く。
でも少し前から痛めている肩が痛い。
60肩かしら(笑)
やっぱり運動は定期的に続けないとダメですね。
ま、平日なら休日より2,3割安いのである程度定期的に来ようと思った私でした。
んーとか言いながら3日坊主だったりして・・・・

さて、午後は妻が整理した着なくなった古着を古着屋さんに持ち込む。
紙袋を4袋位持ち込んで、なんと26円。
結局全てウェス用とかでキロん円だそうな。
確かに着ないから要らない訳でそんなのを買う人は居る訳無い(笑)。

ま、捨てるよりリサイクルになるなら一応資源の有効活用の一環でしょうね。

さて、まだまだ時間が余ってるので散歩でも出かけようっと





ステレオ再生

先日居間を整理して、もう長い間使わなかったアンプを引きづり出した。

捨てるのも忍びなく、そして古いレコードも可哀想で・・・・

で、自分の部屋に運び込んで使えるか試してみた。
アンプだけ単体でほかってあったので、後ろのコネクターは錆だらけ。
ターンテーブルは埃だらけ。
とても音楽が好きだなんて恥ずかしくて言えない状態。

とは言いながらまず電源を接続し、ターンテーブルを動かしてみた。
あ、何とか廻る(笑)

じゃあ接続しよう、とターンテーブルとアンプを接続し、スピーカーはミニコンボのスピーカーを流用。

電源ON あ、一応電源入った。
レコードを乗っけて針を下す。

ん? 何も音出てこない。

あ、スピーカーがA、B2つ使えるようになってて切り替えが・・・・
やっぱり出ない・・・・ 
ボリューム、バランス 回してみると・・・ かすかに聞こえる。
結局ボリュームとか、全てが接触不良らしい。
暫く全てをぐるぐる回すと雑音が段々消えて何とか聞こえてきた・・・

でも音が小さい・・・ ん、MC、MM切り替えって何だ?
と思い出したのはカートリッジが二種類有った事。
そーか、付いてるのはMCなんだ、と切り替えたら何とか普通の音で聞こえてきた。

で、聞いたのはこのカンツォーネ

CIMG1529.jpg

前に書いたがカンツォーネなんて知っているのは同年代の人だけだろうね。
なんと発売は1968年!!

「君を歌う」
 祭りはやっと始まったばかりなのにもう終わった
 空はもう私たちと一緒ではない
 私達の愛は一人ぼっちの羨望だった
 あなたの快活は私の自慢だった
 とても大きく そして今では消し去ることが出来ないこのために
 私は歌う そしてあなたを歌う
 あなたが私に贈ってくれた孤独を 
 私は花のように育てる

 こんな歌詞の歌でした。

 聞いていたら、なんと驚く事にイタリア語の歌詞を殆ど覚えていました。
 若い頃覚えた事は忘れない、というのは本当なんですね。
 
ジャケットにサンレモ音楽祭と有りますがその頃カンツォーネは流行でした。
伊藤ゆかりとか日本人もかなり歌っていました。
本当に懐かしい思い出です。

さて、もうちょっとアンプとターンテーブルを整備して昔のレコードを聞きたくなりました。
CDやDVDもいいですが、レコードのブツブツの音と共に音楽に浸るのもちょっといいかも?




NEXT≫
プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
定年で暇になり、何かすることは無いかとブログ始めました。
日記をつける習慣が無かったのでブログで何か残したくなりました。
会社人間だった人間が会社から離れると・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。