スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国的に今日は雨らしい。

何故か休日は早く目が覚める。

最近は真面目?な本が読めなくなってしまった。
面白い本が無いせいだろうか?  
探そうとしない自分が悪いのか・・・・
頭が日々退化しているのか。(これが正解でしょうな)
で、何故か漫画ばかり読んでしまう。

今読んでいる本  「夏目友人帳」緑川ゆき

妖(あやかし)が見えるという不思議な能力を持った高校生の物語。
ま、俗にいうお化けですな。
両親に先立たれて親戚を転々として生きてきた男の子。
幸か不幸か、子供の頃から人には見えないお化けが見えてしまう。
で自分には見えて人には見えていないという事が判らないので変わった子とか扱われ、
一か所に落ち着けない。
心優しき夫婦の所に落ち着き、友人も増え、妖(あやかし)と触れ合いながら生きていく物語。
人の心とは、何かを考えさせられる漫画。読んだ後にほのぼのとしたものを残してくれる。


さて最近ある夫婦と交流が有る。
3人の子供は地元の有名進学校を卒業しそれぞれ色々な世界で頑張っている。
その夫婦は60歳半ばになっても自営業で人を使いながら頑張っている姿はたいしたもの。

ただ話をしていると何かエリート意識と言うか人とは違う、というような意識が強い事に辟易する。

子供は3人ともある程度のレベルの大学に行きまぁ優秀かな?
ただその夫婦は二人とも高校卒。
だけども他人話をする時にどこどこの高校しか出ていないとか、あの高校だからね、という言葉がしばしば出てくる。
また政治家を評価する時もあいつはどこそこの大学だからなぁ、といかあいつは東大出だからとか。

何なんだろう・・・・・
一体学歴がその人の生き方、評価に関係するんだろうか?

自分もサラリーマンをしてある程度の地位まで登ってみて感じた事は学歴なんて仕事には関係無いという事。
高卒だろうが大卒だろうが頑張る奴は頑張る。
駄目な奴は大卒でもダメ。
その夫婦はずっと人をそういう風な目で見て評価して生きていくんだろうね。

昔淀川長治氏が言った事が忘れられない。
「どんな映画にも見所は有るんです。だからそれを見つけてあげたい」
人には良い所も悪い所も有る。映画も同じ。だから良い所を見つけて褒めたい、と考えていたそうな。
有るがままを受け入れる事も大事じゃ無いかな?
その夫婦と会話する時にいつもそんな事を感じてます。
ま、そんな事を言っても理解されないだろう、と思い口には出しませんが。

夏目友人帳を読んでいてそんな事を感じた今日でした。

雨がシトシト降ってます。
スポンサーサイト

GWも終わり

GWも終わり、と言いながらパートの身にはあんまり違いは無いか(笑)

今日から仕事開始。

GWも妻の実家に行ったのみ。
妻の足がまだ治らない事からどうも出かけにくい。

妻の実家で義母と二人だけになって、義母と話をするとやはり妻の癌の事。
幾つになっても母は母、娘は娘。
「私と替われるものなら」という一言が胸に響く。

親とはいいものだ。
その義母も私の母より歳を取った。
はやり親より先に逝かせるような事になって欲しくない、と思う。

昨年のGWは妻の希望も有り奈良まで行ったが今年も一度は遠出したいと思っている。
ただ何処に行きたい、と聞いても特に行きたい、という所が思いつかないようだ。
以前言っていた東北方面でも行こうかな、と考えている。

とか考えていたらBS放送でクルージングを特集していた。
日本の祭り巡りと言うクルージングが有るそうな。
今年の夏の予約状況をネットで見たらもうかなり売れているようだ。
そんな番組を見ていたら船もいいなぁ、と思いだした。

東北行くなら片道はフェリーで行き、観光しながらドライブで帰るとか。
それなら運転する自分も半分楽だし、ちょっと贅沢気分も味わえるかな?
とかなんとか考えてるがいつの事やら・・・・・

妻の病気が悪化する前に、いや充分悪化しているが動けなくなる前に・・・ 悲しいね。

さて、明日も何も無く終わりますように。

子供の日

今日は子供の日。

小さな子供がいる家庭では色々と大変でしょう。
でも良い思い出を作れば、と思うこの頃。

我が家の息子共はいい歳になっても出て行かない(泣)
ま、少しのお金で、寝る所、洗濯、炊事付きじゃ出る気にならんだろう。
可愛い彼女が出来て、所帯持つ気にならんとダメだろうな。
いつの事やら・・・・ ふー

さて、昨日は久し振りに妻の実家訪問。
どんなに歳を取っても親から見たら娘は娘。
既に両親が無い自分にゃ羨ましい世界。
妻が席を外した時に義母が娘の病気の事を心配していた。
ついでに貴方には苦労をかけると言ってくれた。

幾つになっても娘は娘。 
その義母ももう私の母の亡くなった歳になった。
妻を看取るような事にならなければいいが。


車で走っていて上がっているこいのぼりを見て、先日義姉と話していたことを思い出した。
最近こいのぼりを上げている家が少なくなったね、という言葉を。
確かにそういえば少ないかもしれない。
以前は競ったように上げていたような気がする。
それと一軒で何本も立てていたような記憶が有る。
昨日走っていて一軒で複数本の家が無かったような・・・・

核家族になった影響か・・・
昔ほど子供を祝う事が薄れたのか・・・
家が小さくなったせいか・・・
いや、小さなこいのぼりも有るんだから。

我が家も子供が小さな頃は猫の額程度の小さな庭に兄から貰った小ぶりのこいのぼりを上げた。
出したり、入れたりするのは一応自分の役目? あれ、やってたかな?
時々竿に絡まったり、そばの松の木に絡まったり・・・
ほぐすのは自分の役目。
どうしようもなくなり、竿を下して外したことも有った。
かあさん、あのこいのぼり、何処に行ったんでしょう? 

妻とそんな事を話しながら車を走らせていてもう一つ思い出した事。
自分達が子供の頃は祝日には必ず国旗を揚げたよね、という事。
妻の実家の往復約150Kmで、国旗を見たのは2軒のみ。
今は揚げている家は無いね、と言いながら勿論我が家にも国旗は無いんだから他人の事は言えない。

いつから変わったんだろう。
こんな事も愛国心? が無くなっていく一つの要因なのかも?

そんな事をとりとめもなく話しながら小さな帰省は終わりました。
プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
定年で暇になり、何かすることは無いかとブログ始めました。
日記をつける習慣が無かったのでブログで何か残したくなりました。
会社人間だった人間が会社から離れると・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。