FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉の森公園

先日の日曜日、散歩がてら万葉の森公園に行ってきました。

浜松市郊外にある万葉集にちなんだ公園です。

出来てからもう20年ほど経つらしい。

本当に久しぶりに行ってみました。

日曜日と言うのに入園者はちらほら。

殆どは私達と同じような年配の人々・・・・

公園に入るとすぐ曲水庭園が有ります。
CIMG1859.jpg
年に一度位かこの池のほとりで歌会が開かれたと思いますが。

こんな感じで万葉集に歌われた草木の横にその歌が記されてます。
CIMG1860.jpg

ん、ピンボケだった(泣)
CIMG1861.jpg

萩のトンネルが有りました。
CIMG1864.jpg
残念ながら花は殆ど終わってました。ちなみに写真のおばはんは我が愚妻です。
CIMG1865.jpg

万葉集に歌われた白木綿花・・・
CIMG1866.jpg

読んで字のごとく木綿の木。丁度綿がなっていました。 
CIMG1867.jpg

これを見て思い出しましたが子供の頃は家の近くの畑に沢山植えられていました。
今は地方に行っても全く見た事が有りませんが・・・・ 多分50年以上前だと思います。
日本じゃ絶対に採算が取れるわけが無いでしょうね。

ひとつひとつのんびりと歌を口ずさみながら歩いていたら今にも降りそうだった空からついに雨が・・・・
残念ながら早々に逃げ出しました。


万葉集なんてすっかり忘れてますがこれを書きながら何て書いてあるのか気になり調べてみました。


「山高み 白木綿花に 落ち激つ 滝の河内は 見れど飽かぬかも」


  山が高くて 白木綿花のように 激しく渦巻く 滝の河内は 見飽きることがない

 だそうです。

解説を読んだら白木綿花は楮(こうぞ)から作った糸で神主さんが使う「大幣」に使うものだそうです。
例の神主さんがバサ、バサっと振るやつです。
だとすると木綿の木はどうも間違いらしい。

あれ? 万葉の森公園は間違った事を書いてますねぇ。
さて指摘した方がいいのかしら?

ま、それはそれとして次回はのんびりと万葉人の気持ちを味わいながらのんびりと廻りたいと思います。


注 この歌の解説は磐座亭さんのブログを参照させて頂きました。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
定年で暇になり、何かすることは無いかとブログ始めました。
日記をつける習慣が無かったのでブログで何か残したくなりました。
会社人間だった人間が会社から離れると・・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。